Top > Support >  QP1R High-Res DAP

Download

FAQ

Q.お気に入りやプレイリストの作成はどうやるのですか?
A.曲の選択中にホームボタンを長押しするとメニューが開き、お気に入り・再生リスト追加・削除を選択することができます。再生リスト・お気に入りから削除する際もホームボタンを長押しすることでリストから削除することが出来ます。

Q.曲の早送り・早戻しはどうやるのですか?
A.曲の選択中にタッチパネル(右)(左)を長押しすることで操作できます。

Q.microSDを挿してもライブラリに曲が追加されません。
A.「システム設定」よりメディアライブラリアップデート項目を「オート」にすることで、自動的にライブラリをアップデートできます。

Q.電源を入れたときや再生をしたときに本体からカチッと音がする。
A.本機の仕様でございます。異常ではございません。

Q.再生をしたときや曲を切り替えたときに再生機器からプツッと音がする。
A.音質を重視するため余分な回路を省いております。そのため再生のスタート時にごく少量のポップノイズがどうしても発生いたします。再生機器への影響はございませんので安心してご使用ください。

Q.画面左上のバッテリー表示の右側にあるL10という表示の意味は?
A.アルファベットはゲインでH=High M=Middle L=lowをそれぞれ表しています。
数字は現在のボリュームを表しています。再生前にボリューム部分を操作することなくそれぞれを確認することができます。

Q.ファームウェアのアップデートをするを間違って押してしまいwaiting sdcardという画面でフリーズをしてしまったのですが?
A.電源ボタンを10秒間押すとシャットダウンされ、元に戻ります。

Q.ファームウェアのアップデートはどれくらいのタイミングで更新されますか?
A.通常年2回を予定しておりますが、予期せぬ不具合やバグが発見された場合は早急に対処致します。

Q.イコライザが機能しません。
A.サンプリングレートが44.1kHzや48kHzの音楽ファイルに関しては、情報量の不足を補うためにイコライザ機能を設けています。それ以上のサンプリングレートのファイルを再生した際は自動的にイコライザ機能がOFFになる設計になっております。QP1Rは原音を忠実に再生することを目的に作られており、そのためイコライザ機能等のエフェクトは極力さけるべきというのがQuestyle社の方針です。

Q.電源が突然落ちてしまう。
A.「本体のスリープ」が設定されている可能性がございます。ここでいう「スリープ」とは、いわゆる「おやすみタイマー」のことであり、設定した時間が経過すると電源が落ちる機能です。一度機能すると自動的にOFFになりますので、都度設定いただく必要があります。紛らわしい表現ですので次回のファームにて日本語を修正予定です。

Q.ファームウェアのアップデート後の各種設定について
A.ファームウェアのアップデート後はすべての設定が初期化されます。尚、「オートパワーオフ」はデフォルト設定で「10min ON」になっております。こちらの機能は無操作時(曲の再生や操作をしていないとき)が約10分間続くと自動的に電源が切れますので、本機能につきましてはファームウェアのアップデート後にチェックされることを推奨致します。

Q.moraでダウンロードした曲の曲名が正しく表示されない
A.moraダウンローダーを使用せず、ダウンロードすると曲名が記号化されて表示されます。moraダウンローダーをご使用頂ければ問題なく表示されることは確認が取れております。

Q.ファームウェアのアップデートが正常にできません。
A.ファームウェアのアップデートの際はまずQuestyle HPよりダウンロードしていただいたRARファイルを解凍してください。(Macをご使用の場合は別途ソフトウェアが必要になります。)
その後、microSD内の一番上の階層に、生成されたフォルダー内の『q1.fw』ファイル入れていただきますとアップデートが可能でございます。
それでもアップデートが行われない場合は異なるmicroSDもしくは、microSDをQP1R本体よりフォーマットしていただいてからお試しくださいませ。(フォーマット方法:システム設定→フォーマット→フォーマットするSDを選択。)

【最終更新日:2017年1月12日】